ブログ
2012年5月13日 18時14分

石巻競馬場

 石巻にも競馬場があったことを知る人は、今は少数。
ものの本に「大正4年に始まった」とあります。設備は、馬の種別は、興味の湧くところですが、現在と比べても仕方がありません。
ところで場所はどこ?「蛇田村の牡鹿沼ありし所」と書いてありました。「牡鹿沼」とは初耳で、識者によると仙石線蛇田駅北側付近らしいです。馬産奨励で国から補助金が出ました。春と秋に開催。昭和4年、宮城電鉄の線路用地にかかって閉鎖しました。

現在の蛇田駅北側の様子
 次いで水押地区に移ります。昭和6年から同11年の秋までの開催でした。陸軍工兵隊演習地になって幕を下ろします。
再々開は戦後です。昭和24年から34年までありました。場所は雲雀野海岸。日本製紙石巻工場の排水処理施設と海岸道路にまたがるあたりです。1周1千㍍、いわゆるダートコース。復活開催では320頭の馬が新潟、山形県からも来たそうです。
 
     水押地区の様子         日本製紙石巻工場
 はじめ県営、後に市営の春秋開催となりましたが、年を追って赤字がかさみ、ギャンブル批判もあって閉鎖したそうです。鳴子の川渡地区と誘致を争った競馬場でした。地方競馬は現在でも厳しい経営で、いち早い撤退は正解だったのでしょう。

※今回の「ちょこっと話」の場所は黄色で示しています。


より大きな地図で 石巻 を表示

 
ブログカレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
eコミマップ
閲覧できるマップはありません。