ブログ
2012年2月08日 14時31分

“整体チーム”活動紹介 ~体を楽にする講座~

先日、給分浜桜畑仮設集会所にて
「体を楽にする講座」が開催されました。
講師は、“氣道教会”スタッフの整体師である佐野裕子さん。

  整体チーム 佐野裕子さん

今回は、以前ご紹介した“整体チーム”の佐野裕子さんの活動を
ご紹介いたします。
佐野さんが震災後、最初に石巻に来たのは4月16日。
ボランティアセンターでたまたま整体チームと出会い
一緒に活動をしていました。
佐野さんは整体師の仕事のかたわら、
ボランティア活動を月に1日~1週間のペースで
石巻に訪れボランティア活動をしています。
今回が20回目の活動です。
講座の中で、住民の方々から
「暇な時間ができるとついつい食べ過ぎてしまって…」と
いう話があがり佐野さんは、
「そんな時は、本当に食べたいものなのか、
自分の体に聞いてみましょう!その食べ物を思い浮かべて
唾液がでれば体が欲しているもの!頭で食べたいと思っていても、
意外と唾液が出ないことが多いんですよ!
無理のない程度で“感じる”ことをやってみましょう。」
 
“感じる”ということをキーワードにすると、
体が整いやすいのだそうで、気持ちよさを感じられるように
自由に“伸び”をすることで体が整っていく、という体操を行いました。

他には、反対に“体にまかせる”ということもとても大切な事。
気持ちの良い方向へ体を動したり、
体が自然に動く方向へ身を任せることにより
体が勝手に調整するようになる。といったことを話されました。
冬は腕が疲れやすいということで、体に良いことを教えて頂きました。
まずは、『腕の3点セット』体操をしました。
①「後ろ手つなぎ」 ②「後ろ手合掌」 ③「頭脳明晰の呼吸法」
  
※セットで3回以上行います。
この体操をすると、だいぶ腕の疲れが取れ、体が軽くなります!
他には、『足湯の方法』。
その時によって気持ち良いと感じる温度がちがい、
さし湯をしながら足湯をすると効果的。
体を温めることにより気持ちもリラックスできます。
また、気分の優れない時なども足湯をすることにより
改善する場合もあるそうです。
また、タオルとお湯があれば簡単にできる「蒸しタオル」も、
とても効果があるそうです。
熱いお湯で絞ったタオルを痛みや違和感がある場所に当てて、
冷めてきたらまた熱いお湯で絞りなおして、
3回くらい暖めるのが理想的。暖めて、冷めて、また暖めるを
繰り返すことにより、熱が体に浸透するそうです。

講座終了後は希望の方々に“整体”の時間です!
予約制で一人、約20分程の整体が行われました。
 
住民の方々は
「体が軽くなった」・「気持ちがいいです」と大好評でした!
今後も佐野さんは仕事をしながら
こうした活動を継続されるとのことでした。
冬は寒く外出の機会も減ったり
気分が優れない日が続いたりすることも
多くなると思いますが体操や足湯で体を温め、
気持ちをリラックスさせ疲れを溜めないようにして頂きたいです!

 
ブログカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ブログアーカイブ